コーティングとは

HOME > コーティングとは

コーティングとは


コーティングとは、核となる粒子や錠剤等に皮膜を施すための操作です。
コーティングには下記のような目的があります。


1 味や臭いのマスキング
2 酸化・変質の防止
3 腸溶性や除放性機能を賦与
4 外観を美しくし商品価値を向上
5 割れ・欠け、粉立ちの防止
6 薬物相互間の拮抗性の防止


コーティングを行うセンターの大きさや形状、物性によって使用する装置が異なりますが、弊社では加熱空気を供給しながらコーティング液を噴霧し乾燥させることで、粒子等に「皮膜を造る」装置を取り扱っています。


コーティング図

弊社のハード・ソフトで、数ミクロンの粒子から錠剤などへのばらつきの無い均一なコーティングを実現します。